• ホーム
  • 膣カンジダの症状と感染原因

膣カンジダの症状と感染原因

膣カンジダはカンジダ菌という真菌が原因で起こる炎症です。
膣に起きるので膣カンジダと呼び、女性特有の病気です。
カンジダ菌は健康な女性でも持っている菌で、通常は炎症を引き起こすことはありません。
しかし、疲れやストレスなどが原因で抵抗力が弱まると菌を抑えることができなくなり、炎症になってしまいます。

日本人女性の5人に1人が経験するほどメジャーな病気です。
膣カンジダは性病だというイメージが非常に強いのですが、実は原因は抵抗力や免疫力の低下です。
疲れがたまっているだけでなく、生理や妊娠といったホルモンバランスの変化でも起こります。
カンジダ菌はあたたかく湿った場所を好むので、通気性の悪い下着や、締め付けの強い衣服も原因になることがあるので注意しましょう。

他からうつるのではなく、自分の体の中で感染してしまうので自己感染と呼ばれる病気のひとつです。
放置していると再発を繰り返してしまうので、性器周辺に気になる症状があればすぐに受診しましょう。
膣カンジダは女性の病気だと思われていますが、性行為を通じてカンジダ菌は男性にも感染してしまいます。
症状が疑われる時は、性行為を避けるようにすると感染が広がらず安心です。

膣カンジダの症状

膣カンジダの症状として典型的なものは、性器周辺のかゆみです。
かゆみは非常に強く、場合によってはズキズキするような痛みを伴うこともあります。
膣がヒリヒリしたり、熱を持ったような感じになる人もいます。
排尿痛や、性交をすると痛みとして感じるのは炎症が起きている証拠です。

日頃自分ではあまり見ない部位ですが、性器周辺に発疹や赤みがでることもあります。
そして、おりものの変化も特徴的です。
白く濁ってポロポロするという見た目ですぐに分かる変化です。
酒粕やヨーグルト、カッテージチーズのような状態と例えられます。
発症するとすぐに自分で分かるほどの状態になるので、気付くのは早いという特徴があります。

性病の中には、おりものに変化がないものもありますが、自覚症状があるので早期発見につながります。
おりものの量は通常と比較すると増えて、下着が汚れてしまうことも珍しくありません。
しかし、膣カンジダは発症したらすぐに強いかゆみが出るわけではありません。
初期の頃はそれほど強いかゆみではない場合もあります。
気づかないうちに感染を広げないようにするために、自分の日頃のおりものの状態を良く確認しておく習慣を付けるといいでしょう。

膣カンジダの感染原因は?

膣カンジダの感染原因は、自己感染の場合は免疫力の低下に加えて、性器周辺の蒸れやホルモンバランスの変化がります。
ただ、これは女性に限定したことです。
膣カンジダ自体は女性にしかかからない病気ですが、性行為をすることで部位は変わっても男性にカンジダ菌は感染します。
そのため、カンジダは性病と呼ばれています。
もし、膣カンジダの女性と性交したらすぐに発症するのでしょうか。

個人差があるのですが、2~10日ほどの潜伏期間を過ぎてから症状が出てきます。
ただ、この潜伏期間というのは、感染した時の体調に大きな影響を受けます。
健康な状態であれば、感染しても何も起こりませんし、感染してしばらくして体調を崩した時に症状が出る事もあります。

性行為はカンジダ菌がうつる方法ではありますが、必ずしもすぐに病気になるというわけではありません。
カンジダ菌は免疫が落ちていなければ人間の体にいても悪い影響を与えません。
これは免疫が菌よりも勝っている状態だからです。

免疫機能が落ちることで、菌を抑えることができなくなってしまい、カンジダ菌が増殖し、炎症が起きることで膣カンジダになります。
感染の原因はいくつかあるということを覚えておきましょう。